いま、​京大で起こっていること。

2017年2月28日、京都大学当局の意思に反する学生を処分できる規程が導入されました。

2018年10月18日,放学処分者の髙田暁典を,職員約8名が取り押さえ、踏みつけて流血させていました。

 このやり方に対し、寮生3名は職員と髙田の間に割って入るなどして、それを阻止しようとしました。

 この件に関し、「職員の行為を妨害」したとして2019年9月に寮生3名が処分されましたが、これに対し抗議する声明を2019年10月18日付で発表し、賛同署名を集めています。ご協力お願いします。



●大学職員の暴力的な職務遂行の正当性は検証されず,それに抗議する学生は否応なしに処分されます。

●「命令に違反した者」を対象とする懲戒規程は,大学の決定に反する学生を恣意的に処分することができます。

 大学の在り方を考える権利が奪われ、学生が抗議することすらできません。

 

呼びかけ団体:熊野寮自治会
▶提出先:京都大学総長 山極壽一

  2019年9月10日付で下された熊野寮生3名に対する無期停学処分を撤回し,二度とこのような恣意的な学生処分を下させないための声明にご賛同ください。

「熊野寮生3名に対する無期停学処分の撤回を求める声明」(191018)全文こちら。

 

署名集め
inくまの秋まつり

11月9日(土)ー10日(日)​

 熊野寮駐輪場にて。9年目になる、地元店主と熊野寮自治会の共催のお祭りです。

 毎年、京大当局の自治寮攻撃や公安警察による不当な家宅捜索について地域住民に発信してます!

 春の祭りは2日間で2114人の来場がありました。秋も盛り上げます!

 

第一次集約 提出行動
1068筆を提出!!!

11.29 Fri.
11月29日(金) 12:30頃

BaNdQmmCIAA7o4Q.jpg
 

12.10 Tue.
無期停学撤回集会

京大入試では現役生が受験生応援のためにおもろいタテカンや手作りの像が出ますが、製作者が処分されそうです。このままでは院試の合格も無効になってしまいます。

12月10日(火) 12:00-13:00

吉田南キャンパス 総人広場

※停学処分者は敷地内には入れません。

​​主催:「熊野寮生3名無期停学撤回集会」実行委員会

 
 

賛同メッセージ

change.org からもメッセージを投稿できます。

差し支えなければ「件名」に所属を記入してください。

例)京大学部生・院生・教員・職員・卒業生,京都市民 etc.

 

​​賛同メッセージ

大地 村松 "自分の所属しているサークルが突然廃止させられる懸念すら感じる、当局のやり方にもの申すため"
谷川 みらい "自由な発想による批判的精神は、学問の生命線です。型にはまった秩序を強権的に押し付ける京大当局のやり方は、京大の良さを自ら破壊するもので、とても残念です。"
伊勢崎 賢治 "この学長と大学首脳は大学が自らの手で自らの学生の教育の機会を奪うことの重大さを認識していないように思います徹底的に抗議しましょう"
今井 淑子 "どんどん息苦しくなるのが辛いですこんなところじゃなかったのに"
青柳 葉子 "京都大学は、学生を戦争したい国家に売り渡すな!行動する学生の処分をやめろ!"
高向 正和 "賛同します。"
中島 祐一 "署名させて頂きました。"
黒田 誠司 "学生に学問をさせなさい!恣意的な排除するなよ"
steffi prof. dr. richter "University is an important place where students should learn how to think, how to discuss and: how to defend their own world-view. I can't believe that just the Kyodai - famous for its liberal history - encounters "inadequat" students in such a way. Take this punishment back and face your task as it should be for a "university without condition" (Jaques Derrida). Do you remember Miki Kiyoshi? Takigawa Yukitoki? And other courageous people?"
Saigo Minako "なにか「クリエイティブ」なことをしようとするたびに、処分されないかビクビクしてしまう、そんな京大になりつつあります。3人の名誉を回復して、キャンパスの自由な空気を取り戻したいです!"
藤吾 真澄 "無期停学なんて、絶対におかしい!撤回するべきです。"
小坂 了子名 "京都大学に自由を。タテカンは文化であり伝統です。文化都市京都にふさわしい対応を求めます。"
浜田 守彦 "弾圧に負けず、学生自治、大学自治を勝ち取って下さい。"
石黒 惠子 "ノーベル賞受賞者に京大卒業が多いのは、何故でしょうか?この先は、もう無理かもしれませんね"
伊勢崎 賢治 "この学長と大学首脳は大学が自らの手で自らの学生の教育の機会を奪うことの重大さを認識していないように思います徹底的に抗議しましょう"
高橋 大輔 "学生の本分が「学問をすること」だとしたら、停学にしてしまってはその本分を果たせなくなるだけではないか。大学当局と学生の話し合いの場が持たれた形跡もない。大学当局の行きすぎた管理強化・一方的な規則の押し付け・学生自治を否定する行為に強く抗議する。"
佐々木 宏人 "これが京大⁉️"
小泉 淑子 "処分重すぎです。自由な発想を阻害しますよ。日本の知の最高峰が泣きます。型にはめたらノーベル賞も取れないよ。"
木村 淳 "京大がそんなことをするなんて本当に悲しいです。"
kyoko tsuruta "京都大学は、明らかに変説しています。自由な校風を帰るのは何故?"
足立 大樹 "大学は何の為にあるの?"
水野 浩重 "《京大熊野寮生3名の無期停学処分を撤回し,恣意的な規程運用による学生処分を二度と下さないことを求めます。》賛同して署名しました。"
まつざか さとこ "あまりに酷いです。言論弾圧ですよね、とんでもないです!"
Fujii Shuji "大学当局の本当の狙いは、「学生の本文」を守らせることではなく、ある特定の有志学生団体および個人への弾圧・排除です。実際、某学生寮祭のイベントにおける、仮装パレードによる授業乱入は看過されています。また折田先生像も看過されています。"
佐藤 茂伸 "許せない!"
SATO HIROSHI "賛同!"

 

熊野寮自治会無期停学撤回署名担当 kumano.1965@gmail.com

©2019 by 熊野寮生3名に対する無期停学処分の撤回を求める声明。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now